THE VOICE OF THE CLIENTS & INFORMATION        
angel mandala

沢山のお客様から励ましの言葉をいただきました。
その中から一部ですがご紹介をさせていただきます。
癒されているような不思議な錯覚に...

天使曼陀羅をひとことで表現するとしたら・・・、『絵の内側から語りかけてくるような、そしてそれが自身の内部と呼応する不思議な感覚を覚える絵』と答えるでしょう。日常の慌しい中、ふと天使曼陀羅の絵に目を留めていると、絵の中にいる天使や暖かな陽光にやさしく癒されているような不思議な錯覚に。自身をおだやかでピュアな気持ちに戻してくれる、助言者であり、身近にいる親友のような大切な存在です。 
浅岡美由紀
(外資系化粧品会社勤務)
風の音が聞こえてくるような...
月光・・・個展で初めて目にした時、静けさのなかに壮大でとても力強い印象を受けました。毎日 絵を眺めていると風の音が聞こえてくるような気がして優しい安心感に包まれて神聖な気持ちになります。
天使達がダンスをしながら笑って応援してくれているみたい!私が出会うべきして出会えた最高の作品だと思います。
柚木脇千穂
(カラーセラピスト)

とても穏やかな気持ちにさせてくれるんです。
2006年9月の個展で、この作品と出合いました。この作品の前に立つと、天使達が私の心に語りかけてくる感じが不思議とするのです。「あなたの歩んでいる道は、間違ってはいないよ・・・大丈夫」と・・・
私を、やさしく見守ってくれている、とても穏やかな気持ちと、自信を持たせてくれる作品です。

玉井小百合(アクセサリーデザイナー)


「曼陀羅の世界を自由に飛び回る七色の天使。「慈悲の心」と「平和の祈り」。絵の前に立った時、私は力強くも優しいメッセージを受けました。心が疲れた時、ふと絵を見ると「大丈夫。安心して前に進みなさい」と
温かく励ましてくれる、お護りのような大切な一枚です。」

下岡美智子(大手商社勤務)
お護りのような大切な一枚です。

絵を見ているとなつかしいところに帰ってきたかの様な気がします。
小さい頃から白い鳥になって空高く
飛翔したいと思っていました。
絵の世界を眼下に眺めながら人のハートの
中心に降り立ったかの様な気持ちになりました。
長谷川朋子(スピリチュアル・カウンセラー)
なつかしいところに帰ってきたかの様な...
私のところに来るべくして来た絵、という感じです。なぜなら、
個展の最終日に再び訪れて違う2枚の絵を悩んでいた私が、その2枚
の絵ではなくて最後にこの絵に決めていたから…。
今はリビングダイニングの壁から私を見ています。元気が無いときに
はパワーを与えてくれて、嬉しい気持ちの時は見守っていてくれる、
そんな不思議な存在です。
色々な意味で私を守って力を与えて下さっているような気がします。
無意識に見ていたり、手を合わせていたり、
心を落ち着くひとときを与えてくれます。
大竹さとみ(インテリアコーディネーター)

私のところに来るべくして...
この天使とずっと一緒にいたい...

黄金色の光の中で微笑む天使を見て、この天使とずっと一緒にいたい
というのが第一印象でした。
いつも玄関で見守っていてくれています。3月11日、何時間も歩いて
ようやく自宅に辿り着きドアを開けると、恭さんの天使は、上り框に
立てかかった状態でまっすぐこちらを見つめ、おかえりとでも
言うように微笑んでいました。どうやって棚からそんな状態に落ちた
のか、今でもとても不思議です。最近、弟天使を迎え
二人で微笑む恭さんの天使達。これからもどうぞよろしく。
原 正代(会社員、nature guide

「いまの私にもっとも必要な絵に逢った」というのが、この作品に出逢った時の私の印象です。闇ときれいな紅の光の合間に現れた天使は、この世に生を受けた瞬間の自分にも、
十数年前に私のもとへとやって来た愛娘の姿にも思えます。
リビングに飾ったこの1枚を眺めながら、
転生の感動や命を育む喜びを改めて感じています。

平 彩友子 (会社経営)
今の私にもっとも必要な...
HOME TOPへ
angel MANDALA poster
天使曼陀羅イメージポスター
INFORMATION
EXHIBITIONno13.
酒井恭一展・第13回
天使曼陀羅・光
2016年11月8〜11月13日
今年も盛会のうちに終わることができました。皆様に感謝です。
ギャラリー サロンド フルール
東京都南青山5-7-25-1F

03-5485-8748

お客様の声